この世で最も清い水を塗香に

この世で最も清いとされる水があることをご存知ですか?

通常の水は雨となり、天から地面に落ちてしまった不浄の水とされます。

では地面に落ちたことのない水とは何でしょうか?

それは蓮の葉に溜まる朝露です。

なぜ蓮の葉なのかと言いますと

仏教では蓮の実、花、葉を過去、現在、未来として表現されます。


  • 実 = 過去
  • 花 = 現在
  • 葉 = 未来

蓮の葉は特殊な微細構造をしており汚れが付かない仕組みとなっています。
常に綺麗な状態を保っています。

つまり清いものの象徴となっていました。

そのため、蓮の葉に溜まった朝露は最も清い水とされました。

塗香には最も清い水が使われていた?

もともとの塗香は今のような粉末の状態ではなくペースト状でした。

この塗香に加えていた水が蓮の葉に溜まった朝露でした。

身を清める為に使われていた塗香は

とても手間のかかる方法で作られていたようです。

 

 

お香ワークショップ 岩佐佛喜堂 仏壇 仏具 ハス 花 伝説 逸話 秘話 仏教 水 植物の不思議 観念 日本版聖水

岩佐佛喜堂本店:香川県高松市丸亀町10ー3

2019年岩佐佛喜堂本店 香りの講習会

仏壇仏具の岩佐佛喜堂 HP

流川香ショッピングサイト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。