お香の原料 インドの神秘の薬草  藿香(かっこう)

藿香(かっこう)

別名をパチョリとも言います。

シソ科の多年草の全草を陰干しして乾燥させたものです。

精油は香水やアロマでもよく使われます。

 

風水を療して悪鬼を去ると言われている 

古来インド起源の薬物です。

 

香りは、クセのない自然の甘さがあります。

 


効能


 

医薬書によると

食欲不振

消化不良

頭痛

嘔吐

下痢

に効果があるとされています。

 

匂い袋は白檀と藿香(かっこう)を主原料として使用します。

 

 

 

お香(匂い袋 文香 練香 塗香)の講習

お香のワークショップ、お香講習、特注お香制作、お仏壇、お位牌、寺院仏具の岩佐佛喜堂 オリジナルの香り作成 岩佐喜雲

香川県高松市丸亀町10ー3

2018年岩佐佛喜堂本店 香りの講習会http://www.buddha.co.jp/archives/news/2018%E5%B9%B4%E9%A6%99%E3%82%8A%E3%81%AE%E8%AC%9B%E7%BF%92%E4%BC%9A

仏壇仏具の岩佐佛喜堂 http://www.buddha.co.jp/

流川香ショッピングサイト http://ryusenko.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。