ナポレオンの愛した香りは沈香だった!?

ポレオン・ボナパルト(Napoléon Bonaparte)

出身地はフランス コルシカ島
生年月日は1769年8月15日
死亡年月日は1821年5月5日

51歳で亡くなっています。

 

子供の頃から天才児

通常卒業までに4年かかるパリ士官学校を、11ヶ月で卒業しています。

戦術法とカリスマ性によって、破竹の勢いでヨーロッパを征服し、革命後のフランスを統制し、皇帝まで登りつめた英雄です。

 

その生涯はこちらのサイトに分かりやすく書かれています。

ナポレオンとはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】

 

 

そしてナポレオンといえば名言が多いです。

余の辞書に不可能はない

3時間睡眠

など数多くの名言を残していますが、、

 

調べてみると

 

実は言っていない説が有力みたいですね・・

 

あと非常に愛妻家だったようです。

 

記録によると、ナポレオンは沈香とオーデコロンが特別気に入っていたそうです。

値段の記録も残っていて

ナポレオンの購入した沈香は、1オンスあたり72フランでした。

 

ちなみに

1オンスは28.349 523 125グラムです。

ややこしいので28、35グラムとします。

 

1フランは115.277962 円

ややこしいので115円とすると、

 

28、35gあたり8280円

1gあたり292円の沈香になります。

 

沈香の産地等は分かりませんが

当時は沈香が今ほど高価ではなかったことを考えると、、

この値段はかなり高品質の沈香です!!

 

残念ながら沈香のオイルを使用していたのか、焚いていたのかは分かりませんが、高級沈香を好んでいたようです。

 

ただ、やはりオーデコロンを特別好んで使用していて、

1806年の香料商の請求書を見ると、

オーデコロン 162瓶  423フランを仕入れた明細も残っています。

 

香料はナポレオン最初の奥様のジュセフィーヌも好きだったそうです。

ジュセフィーヌは、強い香りを特に好んでいたようで

中でも

麝香(じゃこう) 

が一番好きだったそうです。

 

その為ジュセフィーヌの化粧室は麝香の香りが凄まじかったようで

ナポレオンは苦情を言っていたそうです。

麝香が嫌いだったか、奥様が相当使い込んでいたんでしょうね。

 

大体の昔の方々は麝香の香りが好きなので、嫌いなのは珍しいです。

 

 

 

また、ランセという香水を非常に好んでいたようです。

こちらのサイトから現代でも購入可能です。

https://www.amazon.co.jp/RANCÉ-ランセ-ル・ヴァンカー【LE-VAINQUEUR】オードパルファン-スプレイ/dp/B008LX6LL0

 

 

香想師 岩佐喜雲ブログ

お香(匂い袋 文香 練香 塗香)の講習

お香のワークショップ、お香講習、特注お香制作、お仏壇、お位牌、寺院仏具の岩佐佛喜堂

香川県高松市丸亀町10ー3

2018年岩佐佛喜堂本店 香りの講習会http://www.buddha.co.jp/archives/news/2018%E5%B9%B4%E9%A6%99%E3%82%8A%E3%81%AE%E8%AC%9B%E7%BF%92%E4%BC%9A

仏壇仏具の岩佐佛喜堂 http://www.buddha.co.jp/

流川香ショッピングサイト http://ryusenko.com/

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。