沈香の詐欺の要注意!? 本物?偽物?の見分け方基礎

最近沈香の詐欺事件が多いので簡単にまとめます!

 

そもそも沈香とは?

 

東南アジアに生息するジンチョウゲ科 アキラリア属の木の

傷口に集まる樹脂がバクテリアなどにより変化したものです。

このような木です。

銃弾が当たり、その付近が沈香化した場合もあります。

 

沈香は

 

樹脂の辺りがバクテリアなどにより変化したものなので

 

その部分以外は沈香とは言いません。

 

ただの木です。

 

色も白く、なんの香りもしません。

 

なので原住民の方々は、このように沈香化した以外の部分は削り取ります。

沈香のお話はかなり沢山あるので、また別の機会に詳しく説明します。

 

 

この沈香の数珠は本物、偽物どちらだと思いますか?

 

 

答えは、、

 

 

偽物です。

こちらが本物です。

偽物の方が異様に黒いですね。

 

偽物の方は、質の悪い沈香は、沈香化していないような白い沈香に、

 

沈香の油をつけています。

 

なので異様に色が黒いのと、香りが異様に強いです。

 

慣れると油っぽい香りで区別できますが、最初は分からないので

 

・値段が異様に安い

・香りが異様に強い

・色が異様に黒い

 

場合は要注意です。

 

 

沈香は良いものは香りがするのですが、もともとその香りはそこまで強くはありません。

なぜなら基本は加熱することにより香る木だからです。

 

ちなみに下記が原木の写真です。

ただしこの原木は

偽物

 

これが本物です!

原木の場合は重さで取引するのですが、稀に中に砂を入れて重くしている場合もあるのでお気をつけ下さい。

 

 

また、最近は下記のような悪い業者が増えています。

 

・お寺に沈香を突然運送便で送りつけてくる。

・お寺を渡り歩いて売りつけて購入した後は連絡が取れない。

 

 

 

結論を言いますと、

突然香木の営業で来るところは殆ど信用できないと思ったほうがいです!

 

 

香想師 岩佐喜雲ブログ

お香(匂い袋 文香 練香 塗香)の講習

お香のワークショップ、お香講習、特注お香制作、お仏壇、お位牌、寺院仏具の岩佐佛喜堂

香川県高松市丸亀町10ー3

2018年岩佐佛喜堂本店 香りの講習会http://www.buddha.co.jp/archives/news/2018%E5%B9%B4%E9%A6%99%E3%82%8A%E3%81%AE%E8%AC%9B%E7%BF%92%E4%BC%9A

仏壇仏具の岩佐佛喜堂 http://www.buddha.co.jp/

流川香ショッピングサイト http://ryusenko.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。